どういうわけか?ここに記することになりました。
ましてや、花の一区で走り書き?ということで、
「ご年長の方、先輩の方々をさしおきまして、冒頭に述べることなどとまことに僭越であり、
恐縮でございますが…」という緊張の面持ちで、書かせて頂きます。
で、なぜボクが?というと、その件に関しては、大変失礼かとおもいますが、
直接後援会事務所にお聞きください。
なんせ悪文のため、くだらないこを書いてしまいそうなので、
 割愛させて頂き、早速本題。
県議の印象を?という「お題目」を頂いたのですが、
実を申しますと、県議に初めてお会いしたのは今年の3月某日と、
お会いしてまだ一ヶ月そこそこなのです。
それまで県議のイメージというのは、何度かポスターで見たことあるんですが、
なんとなく秀才タイプのとっつきにくい感じがなぁ(失礼!)と、自分勝手に思っていました。
で、間宮さんを通じて、事務所隣の飲食店でビールに餃子という状況の中、
県議を紹介して頂きました。ちょっと酔った勢いで、思うがままに話かけてしまったのですが、
これがイメージと全然違ったのです。文科系どころか体育系で、ボクのわけのわからない質問にも、
膝を交えてくれるし、なんか浜松まつりの地ベタに座って、
昔懐かしの級友と話している雰囲気になっちゃいました。
やっぱり人は話してみないとわかりませんね。
県議、今度は明治維新について、酔いどれ論議?なんかしちゃいますか?
 というわけで、ボクはほどほどにして、
まだまだ皆さん、きっと書きたいこと、沢山あると思いますので…、
お~っと、中継点に次ぎ走者、あれ?同級生のク、ク、クンチャでは?
繰上げ白欅になる前に、オレンジの欅をお渡ししたいと思います。
ではでは。
H14.5.1 山本祐司