ある会合で、(まつり関係だったかな、自治会関係だったかな)
私は・・・司会をつとめていたと思います。たぶん・・・

このての会合には必ず、『来賓の挨拶』というものがあります。
小楠県議に挨拶の順番がきた。
私は県議を紹介し、後ろから見ていた。
司会者という役は、これが終わったら次の人・次の事を紹介しなくては
ならず、演壇に立つ人の言う事は、あまり印象に残らないものである。
と,言うよりも次の事ばかり考えてしまうのです。〔少なくとも私は)
その時も「え〜と、次は〜」と考えていると、
何か熱いものを感じたのでした、そう!熱っぽく語る小楠県議の姿でした
数年前には感じられなかったのに(ごめん!)。
聞き込んでしまいました、当然次の来賓の紹介はつまずきました。


浜松まつりの会所開きの時か、懇親会のときだったと思うが
受付をしていて小楠県議がばたばたと靴を履いているのを見て
「まだ帰さんぞ〜〜」って某阿部よっぱらいと引き停めた時
「申し訳ない!これから○○にも行かないといけないんで」・・・

仕事の途中、街中の店で〔スナックか?)同業者と昼飯を食べました。
その業者の行きつけの店らしく店主と仲良く喋っていた。
なんやら次の日曜日に船を出して(釣りか?)何かやるそうな・・・

 同業者said   「それじゃ○○さんと××さんと小楠さんがくるの?」
 私   said   「小楠さんって?」
 同業者said   「小楠和男!!」
        ― 何でこんなとこまで顔出すんじゃぁ!―

県議と結びつきが解らぬまま、飯を食い終わりました。


最初会った時は正直いいまして
熊のプーさん的な印象でした。(失礼では有るが本当の事です。)

なんか ホノボノ していて遠赤外線ヒーターにあたっている感じ。
ほかほかしてましたよ。
それが最近チト変わったね。
普段は遠赤外線で人を暖めているが、政治となると火を吹いたように
熱弁を振るう。
頼もしいねえ、酒飲んでるだけじゃないな。

そんなこんなで、つまり何を言いたいかって〜と、
熱心な県議が居て、あらゆるところから情報収集する姿を見て感心し、
本心を述べただけです。支離滅裂謝意表明遺憾の意

最後にFIFAワールドカップ日本代表の栄誉を称え拍手!

えーっと襷受けたのはだいぶ前でしたが、
サッカーの応援しすぎてワールドカップ後症候群でした、
執筆遅れに関係者の方々にお詫び申し上げます。
次は、・・・次第7区は・・・
あ〜〜まっず〜ぃ!!誰に頼もっか・・・

LET IT BE! 乞乱文免除
H14.7.13 ペンネーム やまのうちけい