『第2東名』NO.3

10月31日~保育推進連盟での講演より抜粋~
第2東名名神の細かな話に入っていくと、
第2東名名神は、神奈川県の海老名近辺から始まり、
三重県などを通って神戸まで行きます。
海老名、秦野を通り、御殿場の所から静岡県に入り引佐町の所までが静岡県です。
愛知県に入って豊田インターのすぐ手前の所に柱が林立して
ジャンクションが出来ていますがこれを抜けて、
名古屋港のすぐ南を通って東名阪の四日市に接続します。
そして三重県から滋賀県を抜けて神戸に行きます。

一番仕事が進んでいるのが、名古屋港の南です。
ここは一部もう既に使っています。斜張橋というのでしょうか?
真ん中に大きな柱を立ててワイヤーで引っ張り、
ベイブリッジとか本州四国連絡橋等で随分使われた工法ですが、
そういう綺麗な橋がもう出来上がっています。
平成15年度には豊田東から四日市迄は全線開通します。
これが第2東名で一番進んでいるところです。

理由はこの豊田東という所は花博が2年後に浜名湖であるわけですが、
その翌年愛知万博というのがあります。
愛知万博の入口はこの豊田東なんですね。
こちらは県が主催ではなく国が主催。我々花博よりもレベルがワンランク高いのです。
万博関連という事もあるのですが、それと名古屋市内の高速道路の渋滞を避けたい訳です。
東名も春日井の方を通り、ずいぶん北側を走っています。
その間を名古屋高速というものが走っていますが、これが渋滞をしてどうしようもない。
名古屋市や愛知県にとっては、
三重県の方へ一本南の方を抜けてスッと行ってくれれば街中の渋滞が緩和出来るという政策です。
それでこの区間が平成15年度には開通してしまいます。

その次に来るのが静岡県なのです。
静岡県内は既に用地買収で98%。事業着手している所(事業中)が78%。
大事な事なのですが、民営推進委員会で言っているのですが、
進捗率はどれ位かと言うと、
静岡県ルートだけで半分いかないのです。49%ぎりぎり位。
ところが、同じ愛知県内、仕事をしていると思うではないですか。
実際には、引佐~豊田間、用地買収わずか2%!何にもやっていないのと同じです。
また、御殿場より東は、まだ工事をしていいという司令が出てません。
用地交渉すら行っていません。一部外郭環状の工事と併せて少しやっていますが、
それでも進捗率10%いきません。
第2東名全線を見るとこういう状況なのですよ。

私達は、静岡県の山の方はなんとなく橋脚が立ったりしているので、
全線でやっていると思うではないですか。ところがこういう状況予定なのです。
愛知県もご自分の都合が良い所はちゃんとやった。我が県はまじめにやりました。
県の職員はもちろんの事、市町村の職員が用地交渉に一緒に行く訳です。
県市町村協力しあってここまでやってきた訳です。

バックナンバー